MaXtream Logo      
 Home About us Shopping   Flies  Products  Service Media   Footage  Link Contact  
Home > Media > Article > Tying tips > Tying thread close-up
   

 
 
 
 
 
 
         
  Bird feather, hackles, wing materials tend to be the protagonists of fly tying but as everybody knows, fly tying is almost impossible without tying thread. Yes. Tying thread is one of the most essential tying materials. Let's take a close look at tying thread today.

There are many kinds of products with different thickness, strength, structure, materials, etc in the market. It is nonsense to say which thread is the best thread. We should choose the best thread for each situation.

Our online fly fishing store sells many fly tying materials. We should stock all threads available but some items have about 40 colors so it is impossible for us to stock all products. We always stock 300-500 Uni Thread which is the most popular among others but don't stock less popular products. We can bring in any thread so please book yours.
   タイイング・スレッドはフライ・タイイングの中でも最も大事なマテリアルです。鳥の羽根やウイング材などが主役になりがちですが、当然ながらそれらを巻きとめる糸が無くては何も巻けないのです。そのスレッドについてクローズ・アップしてみることにします。

 色々な材質、太さ、強度、構造、性質を持ったスレッドが市場にありますが、嗜好もあり、何が一番優れたスレッドと言うことはできません。タイイングの目的にあったスレッドを選んでいくことが重要です。

 当店では、多種のタイイング・スレッドを通信販売しています。スレッドは各メーカーから多数出されていて、しかも一つの製品で40色ほどあるものもあり、全部を豊富に在庫することは不可能です。一番の売れ筋のユニ・スレッドは常時3-500個ほど全色、全サイズの在庫がありますが、あまり売れないアイテムはお取り寄せでのみ対応しています。ご了承ください。
 
         
  Diameter, strength

Few customers ask about materials. Well. Nylon, polyester, etc mean little to us who are not fiber/fabric specialists. However it is common that a customer asks us about thickness. Basically a thinner thread is easy to use but it doesn't come with strength so this is the eternal subject. Nylon thread has limitation in strength so it cannot be too thin.

Here take a look at one of the most popular threads, Uni Thread by Canadian company Uni Products. Uni Thread has 3 types such as 3/0, 6/0, 8/0. The 3/0 is the thickest and strongest. Thickness of Danville Flymaster 6/0 and Uni Thread 6/0 are different. Each company use the Uni so it is impossible for us to compare the thickness by "x/0" expression. Actually 16/0 by Veevus and 17/0 by Uni Products are totally different.

Some brands use "denier" to explain thickness and weight. Here are some samples of popular products.


Uni Thread 8/0 - 72D, Uni Thread 6/0 -135D, Uni Thread 3/0 -220D, Danville Flymaster 6/0 Nylon Thread - 70D, Wapsi Ultra Thread - 70D, 140D

If a fiber of 9000m weighs 1 gram, it is called 1 denier. This doesn't mean strength so if a thread is made of metal, the denier should be really big. In fact a new product called Tungsten Thread just came to our stock in 2014

"What thread is the best for #14 flies?" is a common question by customers. But this is a difficult question. Different thread should be used on each fly, even if the hook size is the same. For instance if you tie a heavy chain eye with a nylon 6/0 thread, the chances are that eye will come off the fly after some minute casting. Under such situation strong threads like Kevlar, GSP Thread are often used. For regular sized Woolly Buggers, Bucktail Streamers, Uni Thread 6/0, Wapsi Ultra Thread 140D will do a good job.

For classic salmon flies Uni Thread 8/0 is one of the best products as it doesn't build up much on head. Also Uni Thread 8/0 is good for small sized streamers.

If you are a beginner and want to tie trout stream flies, you won't make a mistake with Uni Thread 8/0. Good quality and reasonable if you shop with us. Can be pricey in Japan but our price is the best across the nation. We see some tiers using Uni Thread 6/0 for #14 dry flies or so. Is it too thick? We recommend 8/0 for stream flies.

When size comes down to #20 or so, you start to feel Uni Thread 8/0 is a bit too thick. Our recommendation is Uni Trico Thread then. This 40 denier sensitive flat thread is good to make a flat and smooth body on a tiny hook. Yes. It is not very strong so you need to take the best caution .

   太さ 強度

 素材に関してはあまり聞かれることはありません。ナイロン、ポリエステルと言われても、我々一般の釣り人には化繊の詳細は分かりませんので、重要視されることはないようです。太さに関しては、よく聞かれます。基本的には細いスレッドの方が使いやすい訳ですが、強度と反比例するため、これは永遠の課題と言えます。ナイロンなどの一般的なスレッドはあまりに細くすると、強度的に使い物にならない為、一定の細さまでしか作ることができません。
 恐らく日本でも世界でも大きなシェアを持っているであろう、カナダのユニスレッドを取り上げてみましょう。ユニ・プロダクツという会社のユニスレッドという製品は、長さを別にすると基本的に3種類あります。3/0, 6/0, 8/0と3種の太さで展開されています。日本では「サンゼロ」など「ゼロ」と発音されていますが、英語圏ではカタカナで敢えて表現すると「スリー・オット」に近い発音で、「ゼロ」とは言いません。これは日本独自の発音と言えるでしょう。
 一般的に数値が小さい方が太いスレッドですが、各メーカーが独自に付けている単位ですので、ダンビルの6/0とユニ・プロダクツの6/0の太さは違います。時々「この6/0は細くないですか?」と言われる方がいらっしゃいますが、衣類がメーカーによってサイズが違うのと同じで、全く関係ありまえせん。実際Veevusの16/0とUni Productsの17/0は全く細さが異なります。

 幾つかのスレッド・メーカーはデニールという単位でも表示しています。多くの方に馴染のある製品を挙げますと、Uni Thread 8/0 -
72D, Uni Thread 6/0 -135D, Uni Thread 3/0 -220D, Danville Flymaster 6/0 Nylon Thread - 70D, Wapsi Ultra Thread - 70D, 140Dなどあります。デニールと言うのは、繊維、衣類、化学業界などで使われる単位で、9000mの糸が1gだと1デニールです。強度とはまた違い、繊維の太さ、重さを表します。したがって金属質のスレッドがあれば、細くても恐ろしくデニールの数値が上がるものと思われます。実際タングステン・スレッドという商品が2014年より取り扱えることになりました。 

 「12番のフライを巻きたいのですが、どのスレッドが良いですか?」のようなことを聞かれることも多いですが、これは難しい問題です。同じ#1のフライでも、パターンによって使用するスレッドは変わってきます。たとえば、#1のフライにボール・アイなど重いアイを付けた場合、細いスレッド(たとえば6/0以下)を使用しますと、キャスティングでアイが吹っ飛んでいく可能性が高いです。私も初心者の時、6/0でアイをたすき掛けにグルグル巻きつけましたが、10分後にはアイは無くなっていました。このような場面では3/0以上のナイロンか、もしくはケブラー、GSPスレッドなどの強力なスレッドをお勧めします。普通のウーリーバガーやバックテールのストリーマーを巻くのでしたら、ユニスレッドの6/0やウルトラ・スレッドの140Dなどが適していると思いますが、デコレーション用のサーモンフライですと、ユニスレッドの8/0など細めのスレッドをお勧めします。また重いアイなどを使用しないストリーマーでは8/0を使用する場面も多いです。スレッドの嵩が増えてヘッドなどがボテっとするのは大変不恰好ですので、コンパクトに巻く必要があります。 
 #16などの渓流フライでしたら、おおむねユニ・スレッドの8/0をお勧めします。品質も良いですし、当店で買っていただけば、結構安価な製品です。これはドライフライでもニンフでも対応できます。#14ぐらいのドライフライにユニスレッド6/0を使われている方を見ますが、#16でやっていただきたいと思います。仕上がりが一段と良くなると思います。

 ドライフライで#20あたりまで来ると、ユニスレッド8/0では太いのではないかと思い始めます。ミッジサイズではユニ・トライコ・スレッドをお勧めしています。これは40デニールの大変細いフラット・スレッドで、白の単色の展開ですが、色を塗ることでおおむね対応できます。8/0に比べると随分強度は落ちますが、この細さを生かして#22のパラシュートなどを美しく仕上げることが出来ます。相当細い訳ですので、繊細なスレッド・ワークを要求されます。
 
         
 


 
  Microscope observation

We used our microscope to take many pictures of tying threads available in the market. The final image is just a 1 jpeg but it took us more than 3 hours. There should be few microscopic images of those products so we hope you enjoy it.

This shows not only thickness but also texture of each product. Monofilament threads look obviously different from other nylon threads. The middle parts are either reflected or translucent and look light in color shade. The surface is very smooth.

Kevlar and GSP Thread are not twisted so each filament spreads and the bunch looks thicker than other nylon threads. Uni Thread has 3 types in size. 6/0 and 8/0 are twisted but 3/0 is flat so you can see fibers spread more than the other 2.

Often customers ask about difference between Danville Flymaster 6/0 and Uni Thread 6/0, 8/0. As you see the image, Danville 6/0 is close to Uni Thread 8/0. If you use Danville 6/0 by the same strength for Uni Thread 6/0, you will break the thread easily. Like stated above, it is nonsense to identify 2 threads just because both are 6/0. Danville 6/0 is much thinner so naturally weaker than Uni Thread 6/0.

   顕微鏡にてクローズ・アップ

当工房の顕微鏡でいくつかのスレッドを観察してみましたので、ご覧ください。僅か1枚の画像になりましたが、これを撮影、編集するのに3時間以上かかっています。世界的にみても顕微鏡画像はそれほど出ていないと思いますので、興味深いと思います。

 これを見て行きますと、スレッドの太さと共に質感も分かってきます。モノフィラメント系のスレッドは明らかに質感が違って、真ん中が透けているのか反射しているのか色が薄くなっています。非常に滑らかな表面が特徴ですが、ケブラースレッドやGSPスレッドは細い繊維が束なってできていますが、よっていないのでフラットに広がります。ユニスレッドも6/0、8/0はツイストされていますが、3/0はフラットな為ばらけやすく、大きく広がっているのが分かります。ビッグフライ・スレッドは実際に使用するとユニスレッド3/0よりも太いですが、締まっているのか、顕微鏡画像では細く見えます。

 よく比較のお問い合わせをいただくダンビル・フライマスター6/0とユニスレッド6/0や8/0ですが、太さ的には画像の通り、ダンビルの6/0はユニの8/0に近いようです。使っていてもユニスレッド6/0の感覚でダンビル6/0を締めこむと大抵切れます。上記の通りメーカー独自の単位ですので、弱いから劣っている訳ではなく、細いので当然の強度です。

 

 

         
  Structure

Structure is also an important factor. Flat threads such as Wapsi Ultra Thread and Danville Flymaster don't build up on the hook so you can make less bumpy but a smooth body. Its tendency is more obvious for flat tinsel body. It is difficult to make a super flat foundation with Uni Thread 8/0 or 6/0. Its bump doesn't stand out if the fly is big but for tiny flies, it can be ugly. In that case flat thread might be chosen by many people. We are talking about neatness so it doesn't matter to catch fish.

Monofilament threads have a round segment and stiffer than other threads so they tend to make bumpy bodies. Also knot tends to come off so after a half hitch, gluing is mandatory.
   形状、構造

 形状、構造も重要な要素です。良く言われるフラット、ツイストという区別ですが、ダンビル・フライマスターやワプシ・ウルトラスレッドのような形状のスレッドは巻き上げて行ったときの凹凸が少なくスムーズに巻くことができます。これはティンセル・ボディーなどで顕著で、強くツイストしてあるユニ・スレッドで平らなボディーを巻くのは難しいです。フライマスターもよってありますが、ユニスレッドに比べるとフラットに近く、平面に巻いた時に嫌いなラインで山ができます。大きなフライになればそれほど目立ちませんが、小型フライになるほどその凹凸が顕著に出てきて、フラット・スレッドの方が好まれるのかもしれません。これは美しくフライを巻くという目的ですので、魚が釣れる、釣れないに関してはおそらくそれほど関係ないと思われます。2012年頃から取り扱っているヴィーヴァス(ビーバス)ですが、これは強くツイストされています。16/0の顕微鏡画像でもその様子が分かります。このメーカーは世界的に近年注目を浴びていて、当店でもいくつか扱っています。サイズが細分化されていますが、フライを巻くレベルの繊細さでは正直大差がないように思います。
 ツイストされている訳ではありませんが、モノフィラメント系のスレッドは丸い断面で硬いですので、ナイロン系のスレッドに比べ凹みが殆どありません。したがって、デコボコになりやすいです。これが長所でもあり短所ですので、使用には注意が必要です。またモノフィラメント・スレッドはノットが安定しづらいですので、ハーフヒッチ後は必ずヘッドセメント等で補強してください。

 
         
         
  Color

Color is no doubt significant. Most threads come in many color variations so it is hard for most hobbyist to buy all colors. Few trout stream fishermen need purple or blue. Let's start with these following colors. If you use a thread in a totally different color from the body, the outcome goes ugly.

Trout stream fly
Minimum
+ Black, Camel, Light cahill, Olive, Tan, Gray

Preferable
Dark brown, Rusty brown, Rusty dun, Iron gray

Then you can add White, Olive dun, Light olive, Orange, Chartreuse, etc, depending on your budge.

Saltwater fly
Minimum
Clear, White, Red, Tan, Blue

Preferable
+ Black, Pink, Orange, Olive, Camel


*Uni Thread color names
   

色は重要で、どのスレッドも沢山の色を展開しています。これを全部買いそろえるのは大変だと思います。殆どの渓流釣りをされる方に取ってパープルやブルーは不要だと思います。まず以下の色から揃えていかれることをお勧めします。ケチってボディー材と遠く離れた色を使用しますと、見栄えの悪いフライとなってしまいます。

渓流トラウトフライ 
最低ライン
Black, Camel, Light cahill, Olive, Tan, Gray

より充実
Dark brown, Rusty brown, Rusty dun, Iron gray

あとはご予算に従って、White, Olive dun, Light olive, Orange, Chartreuseなどひとつずつ揃えていかれると良いと思います。

ソルトフライ
最低ライン
Clear, White, Red, Tan, Blue

より充実
Black, Pink, Orange, Olive, Camel

*色はユニスレッドの例
 
         
  Super strong thread

When it comes to strength, GSP Thread and Kevlar Thread should be chosen. Super strong for the diameter but can damage your tying tools so you need to be careful. If you use a pair of regular scissors, you cannot cut it right off by 1 stroke. Some fibers stay uncut like when you chew tough beef. They damage bobbin holders so please use tough products such as ceramic tube models.

It seems that Kevlar thread is used for magic extensively due to its strength. The commercial magic goods are expensive so we wonder if they can split the strand and use our Kevlar thread.
   高強度なスレッド

 強度で言えばGSPスレッドやケブラーが最強です。ケブラーはデュポン社の商標で、防弾チョッキなどにも使われる大変頑丈な繊維です。見た目は普通の糸ですが、ハサミで切ろうとすると、噛み切れないイカのように粘りがあります。通常のハサミですと一回では切れないでしょう。何度も切る必要があり、またハサミの刃まで傷めるほどの硬さですので、それなりの道具が必要です。ボビンも傷つけますので、頑丈な素材のボビンをお勧めします。ハサミをダメにするのを嫌う方は、カッターもお勧めします。面倒ですが、使い捨てできる刃は有用です。どうやらケブラースレッドは手品の世界でも使われているようですが、非常に高いようで、フライ用を裂いてお使いになれないだろうかと思っています。
 
         
 
 
 
     
  Wax

Tying wax is often used. Good to prepare 1 or 2 on your tying desk. Any type should be ok but we stock 3 kinds all the time. The block wax is reasonable and good in quality but can get your fingers and desk messy. The lipstick type doesn't make a mess but a bit higher in price.

Some thread are pre-waxed, while others are non-waxed. Waxed thread can get the tube of the bobbin holder stuck. It should be cleaned from time to time.
   ワックス

 ワックスは良く用いられます。滑るスレッド上ではダビングの乗りが良くないですし、マテリアルを巻きとめるのにも滑りがちです。どのようなタイプのワックスでも構わないと思いますが、当店では3種類のワックスを常備しています。ブロック・ワックスは使いやすい製品ですが、手やワックス自体が汚れるのが難点です。リップステック・タイプは手が汚れませんが少し高価です。
 ワックスが塗られているタイプとノン・ワックスのスレッドがありますが、ワックスが施されているスレッドを使うとボビン・ホルダーにワックスが詰まってきます。これは定期的に清掃が必要です。
 
         
     
 
     
   Tip

For comfy tying, smooth finger skin is essential. Especially if you work on midge flies, rough skin can cause problems. Twisted threads are usually ok but filaments of flat threads tend to be damaged by rough skin. In winter make sure to use skin cream to keep your fingers nice and smooth. Cold months need midge flies so this is important.

Flat threads such as UTC Ultra Thread tends to be frail when your fingers are rough, while wound threads such as Uni Thread can be strong against abrasion.
   こつ

  スレッドを扱うにあたって、いくつか注意点があります。ミッジ・タイイングなど細めのスレッドを使用するときは、手の荒れが非常に問題になってきます。ツイストされたスレッドはあまり困りませんが、フラット・スレッドなど繊維がバラバラになるスレッドですと、手先のササクレなどに引っかかって、ばらけてしまいます。冬は特に保湿に心がけ、滑らかな指先を保持しましょう。女性並みにハンドクリームを塗ってから寝るべきです。悪いことに手の荒れる冬に小型フライを使用しますので、これは注意すべき点です。
 ワプシ・UTC・ウルトラスレッドなどはフラットなため、手が荒れているとほつれ易く、ユニ・スレッドなど撚ってある製品は中々ほつれません。
 
         
  Recommendation

 Well, here is a table so that you can choose your thread depending on your purpose. We are not sure if our recommendations suit you but just give these a try and see how they are for you. Eventually you should be able to meet the best thread for you.

There is no thread which can do all jobs. You need some products and also some colors, too. If you tie flies seriously for 1 or 2 years, you will end up with 20-30 threads on your tying desk, which is also a fun of fly tying.
   お勧め製品

では初心者の方に当店なりのお勧めのスレッドを紹介します。迷われたらとりあえずこちらをお選び下さい。お勧めするスレッドがお客様に合っているかは分かりませんが、一度お使いいただき、ひとつずつ色々なものを試してご自身に最適なスレッドを見つけられるとよろしいかと思います。
 一つですべての仕事をするのは不可能です。しかも各スレッドごとに色も集めるとなると大変な数が必要になろうかと思いますが、1,2年もフライを本気で巻いているとスレッド20個でも30個でも増えていくことでしょう。これを集めるのも楽しみであります。
 

  Fly   Hook size  Products  
  渓流ドライフライ、ニンフ
Dry and nymph
on trout stream 
 #12-18




 
   ミッジフライ
Midge fly
#18-26 

 
 
  渓流ウェットフライ
Wet fly for trout
#2-12

 
 
  大型トラウト
ドライフライ
Big sized trout dry fly
#1-10

 
 
   トラウト・ストリーマー
Trout streamer
#1/0-12 
 

 
   ソルト・ストリーマー
Saltwater streamer
 #3/0-6
 



 
   巨大ストリーマー
Gigantic streamer
#3/0
and bigger 

 

 
  バスバグ等
Bass bug, etc
#2/0-4 
 

 
    デコレーション
サーモンフライ
Decoration
classic salmon fly
 #6/0-2
 

 
       
 
 
 
 Home About us Shopping   Flies  Products  Service Media   Footage  Link Contact  





Please read  / 必ずお読みください

(c) copyright MaXtream Fly Studio, All rights reserved, Masa Araki , Japan